第3回インテリアリハビリテーション基礎講座、無事終了

今回の講座参加者は、作業療法士(OT)単一職種のみ!

 

建築、デザイン、他の医療福祉資格をお持ちの方とも交流していただけなかったのは残念ですが、これもめったにない状況でしたので、逆に専門性を語り合う良い機会になったのではと考えています。

 

アンケートではこんなお声もいただき、ひと安心(*^_^*)

 

「今日は、OT,同世代のメンバーで研修に参加できてよかった。同じOTでも、働く環境が違えば考え方も違って、よい交流ができた。」

 

講座参加者の皆様は、フェイスブックグループページ(非公開)にて、過去の参加者の方とも交流できますし、今後はさらに楽しいイベントなども考えています。

 

今回は特にOTさんばかりだったこともあり、こまめに異なる椅子に座り替えていただき、椅子が変わると座位がどのように変化するか、体感していただきました。

 

以前よりリハブインテリアズでは「OT室の椅子は、OTの専門性で選ばれたさまざまな種類、メーカー違いの椅子が置かれるとよいのでは?」と御提案しています。

 

環境整備のプロフェッショナルである作業療法士さん。
座位と車椅子だけでなく「よい椅子」「椅子のある空間」についてもインテリアリハビリテーションの考え方も加えながら、アプローチしていただけたら嬉しいです。

 

 

次回、インテリアリハビリテーション基礎講座は11月予定です。日程は未定ですので、是非この日にとか、もっと早い開催をなど、ご要望がございましたらお気軽にご連絡くださいませ。