認知症カフェ 「as a cafe」様、グッドデザイン賞受賞おめでとうございます!

12月21日、
~2018年度グッドデザイン賞|熊本から世界へ「Kaigo × Creative」を発信!
認知症カフェ 「as a cafe」のコミュニティデザインを知るツアー~
という受賞イベントに参加させていただきました。

 

 

 

過去に2度見学でお邪魔した際、
「as a cafe」プロデューサーである岡元奈央さんからお聞きしていた、
ディレクター/デザイナーである

マンジョット・ベディ氏のお話もお伺いできるとのこと、
とても楽しみにしていました。

 

マンジョット・ベディ氏の印象に残ったお話をメモしていましたが
文章にするとニュアンスを変えてしまうかもしれないので
キーワードや箇条書きでご報告させてください。

 

=====

 

 

・介護に対する印象
イメージのギャップ→クリエイティブで解決

 

・ヒント・・・どんな生活がしたいか

 

・プロフェッショナルとは・・・半分素人であること。「知らない」ことが強みになる。

 

・正しいことを楽しく

 

 

・「as a cafe」のアクセントカラーである黒について
黒はいつ来ても新しい印象を与える
ピンクや緑などを使うと、その色で印象づけてしまう
(指紋がつかない、キズがつかない、特殊な黒の仕上げなのだとか!?)

 

・情報を切る、シンプルにする
→見る人の気持ちでイメージを作り出すことができる。
フレキシブルな空間、とんがっていない空間

 

・design
考え方、生き方、ライフスタイル、時間・・・目に見えないものをデザインできる

 

・Originality  独自性   Origin 源
※ここのお話、もう少し深くお聞きしたいと思っていたら
あとから詳しく書かれている記事を見つけました。
https://toyokeizai.net/articles/-/18477

 

・日本の魅力・・・目に見えないもの、礼儀
介護 KAIGO → 世界へ発信、熊本から
介護のプランディング

 

・ブランドジャーナリズム 真実を伝える

 

・never say no

 

・best よりbetter  完璧を求めたら、始まらない

 

=====

 

デザインの力を医療、福祉の現場で活かしていただく活動をしている弊社としても
今後のヒントになることや、方向性への確信など
一年を振り返る年末というタイミングで、とてもよいお話を伺うことができました。

 

素敵なイベントを企画してくださり、
特定非営利活動法人「あやの里」様には心よりお礼申し上げます。

 

あらためまして、グッドデザイン賞受賞、おめでとうございました。
ますますのご発展をお祈りいたしております。

 

この記事を書いた人
池田 由里子

池田由里子

株式会社リハブインテリアズ 代表取締役(理学療法士・インテリアコーディネーター)
医療福祉施設「環境づくり」の専門家。
施設インテリアを再適化することで、患者様やお年寄の心や身体の回復をサポートする考え方 「インテリアリハビリテーション®」を提唱、実践しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です