整理収納アドバイザーBAV(ビジネスアシストバージョン)認定講師予備講座に参加してきました。

12月8日、新講座の講師となるための
実技&筆記試験を受けてきました。

 

定期的に開催している整理収納アドバイザー2級認定講座、
その講師になる際の試験と同様、
試験までに十分に練習をして臨む必要があります。

 

この体験をもう一度するとは思っていなかったのですが
7年ぶりのチャレンジです。

 

実技試験を採点するのは
講座開発者や協会関係者の方に加えて
同じ受講者=(イコール)全国で活躍されている講師ばかり。
なかなか体験できない緊張感です(^^;

 

=====

 

第1回目の予備講座ということで
協会理事の澤様より
お話がありました。

 

「人口の低下に伴い、労働力人口も低下するなかで
ロボットやAIの活用とともに
一人あたりの労働生産性の向上は急務。
企業はここに投資をしてくるでしょう。
整理収納は生産性の向上に大いに貢献できるものです。」

 

一般的な企業と異なり
医療福祉施設の業務においては
生産性の向上、業務の効率化だけでは
測りきれない要素が多くあります。

 

ですが、会議やバックヤードでの仕事など、
スタッフ”だけ”が関わる内容や業務において
もしも効率化され、そのことで時間が生み出されたなら
もっと患者様、ご利用者様にゆとりを持って向き合うことができる、
あと数分でも何気ないおしゃべりをすることができる、
こんなことがどんな治療や薬よりも
効果的であると確信しています。

 

スタッフの皆さんにとっても
人と人の心が通い合う瞬間こそ
何よりのやりがいや喜びのはずで
その時間を生み出すことができるのですから・・・。

 

=====

 

「インテリアリハビリテーション」という言葉で
医療福祉施設の環境づくりを唱えてきた弊社ですが
この言葉にピンとこない方にも
シンプルに「職場環境改善」「職場の片付け」という表現なら
興味を持っていただけるかもしれません。

 

まずは整理収納という側面だけでも、
お伝えすることができるなら
環境づくりの第一歩を踏み出すことにつながります。
企業でも、施設でも、
必ずお役に立てる内容だと感じています。

 

2018年の新たな活動の一つとして
講師資格をいただくことができますように・・・☆彡

この記事を書いた人
池田 由里子

池田由里子

株式会社リハブインテリアズ 代表取締役(理学療法士・インテリアコーディネーター)
医療福祉施設「環境づくり」の専門家。
施設インテリアを再適化することで、患者様やお年寄の心や身体の回復をサポートする考え方 「インテリアリハビリテーション®」を提唱、実践しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です