住宅におけるインテリアリハビリテーション

『快護生活フェス!福祉機器展&セミナー in かごしま 』が
2017年10月7、8日に開催され
セミナー講師のご依頼をいただきました。

 

鹿児島は、理学療法を学んだ学生時代に3年間過ごした場所で
何度行っても、帰省したような気持ちになります。

 

両日で多くのセミナーが開催されるなか
母校・鹿児島大学医療技術短期大学部理学療法学科の
1期生、2期生(私)、3期生が講師として登壇しており
在校中同じ時期を過ごした先輩、後輩とともに
貴重な役割をいただけたことはたいへん光栄でした。

 

 

 

 

私が担当したセミナーのタイトルは

「住宅改修はハードのみならず!インテリアの力で介護予防も。 

~住まいのインテリアリハビリテーション~」

 

”居場所づくり”というキーワードから
在宅介護、福祉住環境整備、さらには介護予防にも役立つ
インテリアリハビリテーションの考え方をお伝えいたしました。

 

========

 

住まいのインテリアリハビリテーション
⇒安心・安全・快適な、3つの「居場所づくり」

 

①身を預ける場としての「居場所」=椅子選び

②居心地よく過ごせる空間としての「居場所」=部屋づくり

a) 整理収納

b) 機能面、心理面に配慮した色彩活用

c) 部屋を自分らしく飾る

③社会における役割、活動、人間関係としての「居場所」

 

========

 

上記の内容をベースにしつつさらに深め
在宅介護、訪問リハ、介護予防のための
住まい(施設ではなく住宅)におけるインテリアリハビリテーションについて
新たな講座を構築したいと思っています。
来年夏までに開催予定です。

 

アクティブシニア世代から介護が必要な高齢者のための
住まいのインテリアから考える住環境整備、
こんなことが知りたいなどのリクエスト、ご質問などございましたら
どしどしお寄せください。

 

より良い講座となるよう、ブラッシュアップしてまいります。

この記事を書いた人
池田 由里子

池田由里子

株式会社リハブインテリアズ 代表取締役(理学療法士・インテリアコーディネーター)
医療福祉施設「環境づくり」の専門家。
施設インテリアを再適化することで、患者様やお年寄の心や身体の回復をサポートする考え方 「インテリアリハビリテーション®」を提唱、実践しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です