熊本開催も盛り上がりました! ~監修共著本『リハビリテーション×ライフ』出版記念座談会~

2018年1月末に上梓された
『リハビリテーション×ライフ
~暮らしのリノベーション・住宅改修と住環境整備 7つの新常識~』
6月の山梨開催に続いて、熊本での出版記念座談会を執り行いました。

 

10月20日(土)、総勢51名の皆様とともに
熊本市中央区の「未来会議室 EVENT BOX」にて
楽しく、学び深いひとときを過ごすことができました。
ご参加いただいた皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。

 

まずは、書籍の出版元・株式会社gene代表取締役の張本様、
監修・執筆を担当した久保田氏と私の3人で登壇し、
出版の経緯、企画段階の裏話、その後の売れ行きや評判などを
対談形式でご紹介させていただきました。
(張本社長には、お忙しいところ書籍販売もご協力いただき感謝申し上げます。)

 

張本社長が言われた
「(福祉住環境整備について)正しい本はあったけど、楽しい本はなかった。」
というお言葉、
実はそのキーワードは久保田&池田による書籍内容打ち合わせの際も登場していて、
正しい楽しい住宅改修』というタイトルにする!?と話したこともあったのでした。

 

 

以降は書籍の掲載順に著者が登壇し、
担当執筆箇所のご紹介や、参加者の皆様にテーマを投げかけ
双方向に交流する座談会形式で和やかに進行いたしました。

 

 

 

(写真左)
巻頭グラビアページ、表紙や書籍中のお写真などでもご協力くださったひらやまさんは
ご家族の立場から、福祉住環境整備=バリアフリー、機能優先だけではなく、
もっと家族の意向や、「ほしい暮らし」への思いを
専門家の方に大切にしてほしいと訴えられました。
ひらやまさんが撮影されたお写真の数々は、本書の世界観を読者の皆様へお伝えするのに、
どれほど貢献してくださったか、お礼の言葉が見つかりません。

 

(写真右)
“暮らしのリノベーション”、“想像を超えるゴール”、“ほしい暮らし”などなど、
本書における印象的なキーワードの生みの親、久保田さん。
共同監修者として、私が直感やイメージで訴えることを、
ロジカルに落とし込んで、形にしてくださる頼もしいパートナーでした。

 

 

 

(写真左)
作業療法士として住宅改修の現場経験を多く持つ保坂さん。
執筆メンバーの中では、ムードメーカー的存在。
彼の訴える、「生活」から「暮らし」へという視点、
座談会におけるグループワークの一テーマでもありました。
改めて考えてみると、

言葉一つでもっとクライアントを知るための視野が広がってくる気がします。

 

(写真右)
伊東さんは執筆スタート時より、
建築やインテリアの仕事をしていると当たり前になってしまっていることを、
医療福祉関係者向けに丁寧にわかりやすく解説してくださっていました。
多職種連携の福祉住環境整備、
伊東さんのように両者の立場を理解してくださる方がいらっしゃれば、
どれほどクライアントは心強いことでしょう。

 

 

私(池田)のパートについては、お伝えできなかった内容も含めて
改めて別タイトルのブログにまとめさせていただきます。

 

この座談会では、司会や企画をさせていただきながら、
多職種、特に医療福祉⇔建築・インテリア・デザインなどの参加者様同士で
交流の場にしていただきたいと考えていました。
美しく、かっこよく、楽しい住環境整備を目指すため、
職域を超えて視野を広げるため、
お互い困ったときに相談しあえるような
仲間づくりをしていただきたかったからです。

 

どのテーブルにも両者がお座りいただけるよう配慮し、
自己紹介タイムも設けました。
参加者の半分以上は知人や友人でしたので
「あの方とこの方が一緒のテーブル!、どんなお話をされているのかな。」と
司会席からわくわくして皆様の様子を伺っていました。

 

 

終了後いただいたご感想にも
「座談会で建設業やデザイナーの方など、異業種の方を配置して下さっていたので、
自分にない価値観の意見が多く、とても楽しかったです。」
「内容はもちろん、そこでしか繋がらない人達と繋がれたこと、
凄く感謝しております!」
などのお声をいただけて、私自身とてもうれしく感じています。

 

総評として、株式会社gene・張本社長にいただいたお話の中にあった
”ふくちゃん”のエピソード。
クライアントの住まい、暮らしを考えるとき
正しいからということではなく
その人の価値観にあった選択をし、決断をする・・・
この連続であるということを意識し続けること。
楽しいお話の中に、深い気づきを添えて私たちに伝えてくださった張本社長、
本当にありがとうございます。

 

皆さまから付箋紙にいただいた、座談会の感想や印象に残ったキーワードなど、
ひとつひとつ読ませていただき、著者一同、本当にありがたく、感激いたしました。
この先の活動の大きな励みとなります。
時々これを眺めて、元気をいただきます!

 

 

 

 

熊本だけでなく、県外からいらしてくださった方、
お忙しいなかお仕事のスケジュールを調整していらしてくださった方、
さらに懇親会までお付き合いくださった方、
あらためまして共著メンバーを代表しまして、心よりお礼申し上げます。

 

 

  

 

皆様のお仕事に本書がお役に立てましたら
これほどうれしいことはありません。
よりよい「暮らしのリノベーション」のお手伝いをさせていただく仲間同士として、
これをご縁に今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

ありがとうございました。

 

 

 

【好評発売中です!!!】
『リハビリテーション×ライフ
~暮らしのリノベーション・住宅改修と住環境整備 7つの新常識~』

 

出版社サイトはこちら
http://www.gene-books.jp/SHOP/M-0010-RL.html

Amazonはこちら

https://goo.gl/83AsGh

この記事を書いた人
池田 由里子

池田由里子

株式会社リハブインテリアズ 代表取締役(理学療法士・インテリアコーディネーター)
医療福祉施設「環境づくり」の専門家。
施設インテリアを再適化することで、患者様やお年寄の心や身体の回復をサポートする考え方 「インテリアリハビリテーション®」を提唱、実践しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です