今日の「くまにち ゆとれあ」に記事掲載されています

8月にご依頼いただいた「ゆとれあ終活セミナー」。

 

その時にお話した内容を紙面にまとめていただきました。

 

先日、取材していただいた新聞記事にはなかった、
以下のような内容も書かれています。

 

◆モノの整理で、モノと向き合うことによって
以前好きだったもの(こと)、
疎遠になった友人などを思い出すことも。
自分を見つめ直し、
今後の生き方を考えるきっかけになることもある。

 

◆モノの整理の考え方は
人間関係、時間の整理にも応用可能。
誰と何をして生きていきたいか、
これからの人生の選択、決断に役立つ。

 

終活世代だけでなく、
「今をより良く、自分らしく生きることを考える」
全ての方にとって、
この記事を、お片付けに取り組む際に
参考にしていただければたいへん嬉しいです。

 

※「くまにち ゆとれあ」は
熊本日日新聞社広告局が発行する、
“自分らしい生き方”をともに考える情報誌。
年4回発行の季刊誌です。

 

※整理収納アドバイザー2級認定講座、
9月28日(日)開催します。
http://bit.ly/1pElY5a

この記事を書いた人
池田 由里子

池田由里子

株式会社リハブインテリアズ 代表取締役(理学療法士・インテリアコーディネーター)
医療福祉施設「環境づくり」の専門家。
施設インテリアを再適化することで、患者様やお年寄の心や身体の回復をサポートする考え方 「インテリアリハビリテーション®」を提唱、実践しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です