悩みや課題、解決のヒントを得られる読書会~第24回リハブ■カフェ テーマ:「整理収納」とリハビリテーション

Q:「どうすれば手放せるでしょうか?」
A:「グーをパーにするだけ(^_-)-☆」

 

※注意・・・手のひらは下向きに!!!
(上向きだと、手放したいモノがまだ手のひらに乗ったままだから!)

 

 

はじめのやりとりは比喩ですが
このように、今日は心に響く言葉がたくさん出てきた読書会となりました。

 

テーマは「整理収納」とリハビリテーション。
2人の参加者様のうち、お一人はリハビリ職、
もうお一人は一般のお仕事の方でしたので
リハビリテーションを医療や福祉の意味だけにとどめず
「再び適切にする」「本来あるべき姿への回復」
「お客様のお困りごとを解決する」
などの広い意味で考えてくださいね、と冒頭でお伝えしました。
どちらかというと、心を整える、悩み事を整理するなど
メンタル的な整理収納が、対話のメインになったようです。

 

終了後のアンケートでは次のような感想をいただいています。

 

「今の自分の問題解決、これからのヒントをたくさんいただきました。
実行、行動あるのみ。
1人で考えるより、周りがいるパワー、エネルギーの大切さにも気付きました。」

 

「モノだけでなく、思考の整理もでき、頭の中までスッキリしました。
多くのヒントと体験談をお聞かせいただいて、ありがとうございます。」

 

 

 

読書会終了後も、いつものチーズトーストでさらにお喋りが弾みました。

 

私、池田由里子は
リーディングファシリテーターとして読書会を進行させていますが
整理収納アドバイザーとして、2級資格認定講座なども開催しています。

 

モノの整理は、思考、時間、人間関係など多くのトピックスに応用できると
以前から感じていましたが
今日のダイアログ(対話)でさらにそのことを深く確信しました。

 

溢れたモノも、悩み事も、多すぎるTODOリストも、
「全部出す→分ける→収める」
これが解決のセオリー。
本でも講座受講でも、ご自分の学びやすいものでよいので
整理収納は一度しっかり身に着けると
本当に便利だと思います。

 

今後も、一年に1,2回くらいは
「整理収納」を継続して読書会テーマにしてもよいかな、と感じました。
またご参加くださる皆様と相談して、企画いたしますね。

 

9月のリハブ■カフェは24日火曜日を予定しています。
ご都合が合うようでしたら、是非楽しい読書の時間をご一緒いたしましょう。
ご参加お待ちいたしております。

 

 

【セミナーのお知らせ】

 

★整理収納は自分の暮らしに、仕事に、たいへん役立つ学びです。
資格講座で体系的に学んでみませんか?
リハブインテリアズの「整理収納アドバイザー2級認定講座」

 

9月29日(日)

整理収納アドバイザー2級認定講座(会場:熊本市南区)

 

 

共著本『リハビリテーション×ライフ』
池田執筆箇所をテキストにして進行する新講座

 

9月8日(日)熊本会場
「”住まいの”インテリアリハビリテーション®基礎講座

~ケアに活かす環境づくり・住宅編~」

 

お気軽にお問合せくださいませ。

 

この記事を書いた人
池田 由里子

池田由里子

株式会社リハブインテリアズ 代表取締役(理学療法士・インテリアコーディネーター)
医療福祉施設「環境づくり」の専門家。
施設インテリアを再適化することで、患者様やお年寄の心や身体の回復をサポートする考え方 「インテリアリハビリテーション®」を提唱、実践しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です