目標達成のための集中、鍵は「断捨離」~第21回リハブ■カフェ テーマ:「令和時代の抱負」とリハビリテーション

今回のテーマは「令和時代の抱負」ということで
参加者の方は、抱負、目標を実現するための集中力についての本を、
私は、この読書会をもっとたくさんの方にお届けするための
ヒントが書かれていそうな本を読みました。

 

 

それぞれの思いで持ち寄った本なのに
共通点も多く、今回も興味深く、学び深いひととき。

 

私は藤原和博さんの書かれた『本を読む人だけが手にするもの』を読みました。
人生100年時代、成功や幸せが1つだけではないこの時代に
ひとりひとり異なる幸福論を見つけるべく
軸となる教養を磨く必要がある、
そのために本を読むことがいかに重要であるか
分かりやすく解説されていました。
Read For Action読書会にご興味のある方に是非お勧めしたい1冊です。

 

 

終了後、いつものトーストタイム。
バジルの香り豊かなチーズトーストとなりました。

 

=====

 


次回は6月9日(日)15時~17時です。
かなり久しぶりの日曜日午後開催です。
平日夜は難しかった方、是非お出かけください。

 

 

【セミナーのお知らせ】

 

共著本『リハビリテーション×ライフ』
池田執筆箇所をテキストにして進行する新講座

 

6月30日(日)熊本会場
「”住まいの”インテリアリハビリテーション®基礎講座

~ケアに活かす環境づくり・住宅編~」

 

お気軽にお問合せくださいませ。

 

この記事を書いた人
池田 由里子

池田由里子

株式会社リハブインテリアズ 代表取締役(理学療法士・インテリアコーディネーター)
医療福祉施設「環境づくり」の専門家。
施設インテリアを再適化することで、患者様やお年寄の心や身体の回復をサポートする考え方 「インテリアリハビリテーション®」を提唱、実践しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です